ピアノ買取マエストロ
>

アップライトピアノ、グランドピアノ、ピアノの重さは?

古い木造家屋で2階にピアノを設置したい場合などには、床面の補強が必要となるケースもあるほどの重量物であるピアノ。家の中への搬入の際なども、もちろん1人での運搬は不可能ですから、最低でも2人以上でないと運搬することは不可能です。 では実際にピアノは何キロぐらいの重さがあるのかといいますと、

・アップライトピアノ 190kg~300kg

・グランドピアノ   250kg~480kg

ざっとこの程度の重さとなっています。

重いピアノを素人が自力で家から運び出すのは無謀

ナナハンなどと呼ばれる排気量750ccの大型バイクや、それ以上の排気量の大型バイクの重量がおよそ250kg~300kg、アップライトピアノの場合ならこの大型バイクとほぼ同じくらいの重さです。

グランドピアノはその構造上、アップライトピアノよりもさらに重く、中には500kgを超えるものも存在します。昔の軽自動車では500kg前後のものもありましたが、今現在売られている軽自動車で最軽量なものが600kgちょっと、ざっくり言えば大型のグランドピアノは昔の軽自動車と同じくらいの重さといっていいでしょう。

バイクや軽自動車はもともと移動することが目的ですから、タイヤが付いています。 道路などの屋外であれば、ギヤをニュートラルにして押せば、1人でも移動することは比較的容易でしょう。

では、このバイクや軽自動車からタイヤを外して、家の中に運びこむこと(搬入)を想像してみてください。しかも玄関や壁など、家に傷をつけずに運び込むとしたら、これはかなり難しいでしょう。搬出についても同様ですね。

力自慢の男性数人であっても、ピアノの搬入・搬出運搬作業はかなり難しいといえます。特にピアノはああいった形状をしていて、仮に広い場所であっても非常に運び難く、スペースが限られる家の中からの搬出は本当に困難です。 もし搬出費用を浮かせるために、自力で搬出しようとお考えの方がいたなら、絶対におすすめしません。

ピアノを自力で解体すれば搬出も可能か?

ピアノそのままの形では重いので、自力で解体してバラバラにし、パーツの状態で搬出すれば、とお考えの方も多いかと思います。しかしこれは絶対にやめておいたほうが良いです。

ピアノのボディ部分はほとんどの場合、木材の接着加工によって造られています。これらをひとつひとつ剥がしてゆけば、簡単に解体できそうですし、木材だけなら自力で切断してバラバラにできるだろうと想像する方もいるでしょう。しかしそう簡単にはいきません。

この接着加工によって構成されたボディに、ピアノフレームと呼ばれる重さにして90kg~160kgほどの真鍮製のフレームが、特殊な金属ボルトでがっちりと固定され、さらにそこに230本もの弦が張られています。まずはこの弦を1本1本外すにも、専用の工具が必要です。

もしも弦を外さずに、ピアノフレームごと運ぶとしても100kgどころか、重いものでは200kgもの重さですから、かなり難易度が高くなります。

この弦を張っている張力は1本あたり90kg前後。その弦が230本もあるので、全体の張力としたら20トンもの張力で張られています。 アコースティックギターの弦の場合で1本あたり10kg超ぐらいの張力で、6本全体でも70kg程度ということと比較すると、その張力の強さが想像できます。

この弦を素人が外そうとした場合や、無理して運ぼうとした場合に、万が一切れたりしたなら、ケガや事故につなががっても不思議ではありません。

このように、ピアノの解体については、素人が日曜大工感覚でできるようなシロモノではありませんので、専門的な知識や技術のある人以外は、手を出すべきではありません。

電子ピアノの重さはどれくらい?

さて、では電子ピアノの重量はどのくらいなのでしょうか?
現在販売されている電子ピアノの平均的な重さは60kg~80kg前後。およそ平均的な成人男性1人分ぐらいの重さ。

家電で例えるなら中型の冷蔵庫と同じくらいでしょうか?大型の冷蔵庫では家への搬入もかなり大変ですが、中型ぐらいであれば素人でも2人いればなんとか頑張って運び入れることができるレベル。電子ピアノは冷蔵庫と違って横長ですから、冷蔵庫よりも運びやすそうですね。

重さの面だけをとってみても、アップライトピアノやグランドピアノなどのアコースティックピアノよりも可搬性に優れているため、購入時の搬入はもちろん、売却時の搬出についてもより手軽に行えるという点は、騒音問題への対応と併せて電子ピアノが重宝される理由のひとつだといえます。

もちろんピアノ買取査定を行っている買取業者であれば、このように重さのあるさまざまなピアノでも専門の作業員によって運び出してくれるのは言うまでもありません。
設置場所によって追加料金が必要となってくることもありますが、基本的に搬出に関しては無料で対応しています。
まずはいくらで買取ってくれるか?買取査定で査定額をチェックしてみましょう。

COPYRIGHT© 2016 ピアノ買取マエストロ - ピアノ処分するならまずは買取査定 ALL RIGHTS RESERVED.