ピアノ買取マエストロ
>

ピアノ下取りとピアノ買取では査定相場はどっちが高値

ピアノを弾かなくなった、使わなくなった、というわけではなく、
別のピアノに買い替えたいという場合、販売店での下取りという選択肢も考えられます。
ピアノ下取りとピアノ買取ではどちらが高く売れるのでしょうか?
結論からいいますと、
ピアノ買取でピアノを売るほうが高い査定価格を期待できます。

しかし、高く売るためには、注意しなければならない点があります。 まずは下取りしてもらう場合のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

ピアノ販売店で下取りしてもらうメリット・デメリット

ピアノを買い替える場合には、新品ピアノを買うか、中古ピアノを買うかに関わらず、ピアノ販売店で新しいピアノを購入することになります。そして買い替えの場合には、こう いった販売店でこれまで使っていたピアノを下取りしてもらうこともできます。

この場合、購入したピアノの搬入と、下取りしてもらうピアノの搬出が同一の業者による一度の作業で済む点、最も手間もかからずに買い替えができるという点が、最も大きなメリットだといえます。

また、下取りしてもらうピアノの査定価格分を、新しく購入するピアノの購入価格から差し引いてもらえる。つまり安く購入できる可能性がある点もメリットだといえます。 ただし、これは下取りしてもらうピアノの市場価値をしっかりと把握していなければ、かえって安く査定されてしまう可能性が高いともいえます。安く売ってしまう可能性もあることになります。

一般的には、ピアノの市場価値を把握しているという方はあまりいませんから、販売店の査定額を疑う余地もありません。また購入するピアノが既に決定している場合、他の販売店でも下取り査定をしてもらってから、というパターンもまずないですから、本来の市場価値がわからないまま、下取りしてもらうケースがほとんどだといえます。

ピアノ販売店で下取りしてもらうメリット

・手間がかからずに買い替えできる

・下取り価格分を購入するピアノから差し引いてもらえる

ピアノ販売店で下取りしてもらうデメリット

・下取り価格が適正なものかどうか判断しにくい

販売店による下取りより買取業者によるピアノ買取が高く売れるのは

販売店による下取りでも、買取業者によるピアノ買取でも、
ピアノを引き取ってからクリーニングやメンテナンスを施し、中古ピアノとして販売するという点では変わりはありません。
しかしピアノ買取専門業者では、より低コストでのクリーニングやメンテナンスを施して再販できるようなノウハウを確立しているケースが多いのです。

また、販売店による下取りでは、新しく販売するピアノの値引きできる金額にもある程度の制限があり、これを超えた値引きをしてしまうと、利益がなくなってしまいますから、下取り価格もかなりシビアにならざるを得ない点があるのです。

少なくとも3社以上のピアノ買取専門業者の買取査定を

さて、ここで気をつけなければならないのは、ピアノ買取専門業者であれば、どの業者でも高く売れるとは言い切れない点です。買取業者によって買い取ったピアノの販路に違いがあり、買取の時期による需要の違いなど、さまざまな要因によって、適正な買取査定額を提示できない買取業者も存在するのです。これはそういった買取業者が悪いというわけではなく、利益を得ている仕組みによる違いなのです。

そういった点からも、やはり最低でも3社以上の買取専門業者にピアノ買取査定を依頼し、提示された査定価格を比較することが重要だといえるのです。

COPYRIGHT© 2016 ピアノ買取マエストロ - ピアノ処分するならまずは買取査定 ALL RIGHTS RESERVED.