ピアノ買取マエストロ
>

ピアノ消音ユニットの後付け費用はいくらぐらいかかるのか

近隣への騒音を気にしつつピアノを弾く。
今どきの住宅事情では珍しい話ではありません。

現在お持ちのピアノに消音装置を後付けすれば、サイレントピアノにすることも可能ですが、いくらぐらいで取り付けられるのでしょうか?

消音装置はグランドピアノでもアップライトピアノでも取り付け可能ですが、ここでは一般的なアップライトピアノに絞って話を進めます。後付け可能な消音ユニットを取り扱っている主なメーカーは、ヤマハ、カワイ、KORGなど。それぞれいくつかのグレードラインナップがあり、本体価格だけざっくり言うと5万円~20万円程度。

価格に開きがあるのは、同時発音数や発音センサーなど基本機能の違いのほか、USBメモリ-などを用いての録音機能や、搭載している音色数などの違いによるものです。

さらに取り付け費用がおよそ3万円~5万円前後、アップライトピアノへの消音ユニット取り付けで必要となる費用をトータルで見れば、およそ8万円~25万円ということになります。

・消音ユニット後付け費用トータル ⇒ 8万円~25万円

生ピアノとしての演奏と、ヘッドフォンでの演奏両方を楽しめるという点では魅力的ですが、この費用をかけてサイレントピアノ化するか否かは悩ましいところですね。

あなたのピアノはいくらで売れる?買取相場を調べる

一方、現在お持ちのピアノを買取処分して、電子ピアノに買い替えるという選択肢もあります。 もちろん買い替えでなくても、ピアノを手放してしまうというケースも考えられますね。

ピアノの買取相場はメーカーや製造年によってさまざま。
0円から数百万円までまさにピンキリです。

現在お手持ちのピアノがいくらで売れるのか?
簡単に調べるには、複数のピアノ買取業者への査定依頼が一回で完結する、ピアノ買取一括査定がおすすめです。

ズバットピアノ買取比較

数あるピアノ一括査定サービスの中でもおすすめなのが、ズバットピアノ買取比較です。厳選されたピアノ買取業者25社から、最大5社への査定依頼が完全無料で簡単に行えます。買取査定価格に納得できなければ、ピアノを売らなくても大丈夫ですから、消音装置の後付けか?ピアノ買取処分か?を検討している方も、安心して利用可能です。
あなたのピアノがいくらで売れるのか?まずは調べてみてはいかがでしょうか。

消音ユニット後付け時の打鍵音は電子ピアノよりも大きい?

アップライトピアノに消音ユニットを後付けする場合、
頭に入れておきたいのが消音機能をオンにしても打鍵音(鍵盤そのものの作動音)は消音できないという点です。

消音ユニットはいうまでもなく、鍵盤を叩いた(押さえた)時に、本来弦を叩くハンマーを叩かないように設定して、センサーなどで電子音を発生させます。弦の振動は起こらず電子音はヘッドフォンで聞くので周囲にはいわゆるピアノの音は聞こえません。しかし鍵盤そのものの作動音は消すことができないわけですね。

消音ユニットを後付けしたピアノは多くの場合、電子ピアノの打鍵音よりも大きく、全くの無音になるわけではないということ。ご自宅の環境によって、どの程度までの騒音なら許容範囲かという点で違いがありますが、集合住宅などで階下への振動音なども気になるという方には、あまりおすすめできないかもしれません。

もちろん、その程度の騒音なら大丈夫という方なら、最近の消音ユニットは打鍵タッチへの影響も少なくなってきているので、生ピアノとしても使えるという点では良い選択肢なのではないでしょうか。

COPYRIGHT© 2016 ピアノ買取マエストロ - ピアノ処分するならまずは買取査定 ALL RIGHTS RESERVED.