ピアノ買取マエストロ
>

ピアノの無料処分もピアノ買取なら可能!?

ピアノの処分費用をより安く済ませたい、できれば無料で回収を・・・。
まず最初に思い浮かぶのが地域の自治体による回収ですが、
粗大ゴミと違いほぼすべての自治体においてピアノは対象外となっています。

そんな時、ピアノ買取業者なら、どんなピアノであっても買い取ってくれる!
といいたいところですが・・・、
残念ながら古いピアノや状態の悪いピアノでは買取価格がつかず、
手数料を支払って引き取ってもらうケースも・・・

しかし、ちょっと考え方を変えると、買取価格が0円でも
それ以外の費用さえかからなければ無料でピアノを処分できるともいえます。

思い出や思い入れのあるピアノを0円で処分というのは、
気持ち的にはちょっとショックが大きいかもしれませんが、
実際のところ値段がつかないピアノを、無料で処分できる可能性が最も高い選択肢は、 ピアノ買取業者での買取りなのです。

まずはピアノ買取一括査定で買取価格を調べてみましょう。

ズバットピアノ買取比較で買取査定額を調べる

ピアノを処分するのにはどれくらいの費用がかかる?

さて、ピアノを処分をするには、どれくらいの費用が必要となってくるのでしょうか?
ピアノ買取業者での買取りであっても処分費用が必要となってしまう場合もあります。 不用品回収業者とピアノ買取業者での処分費用の相場を比較してみましょう。

不用品回収業者でのピアノ処分費用は高額

不用品回収業者などに依頼する場合には、処分だけで3万円~5万円前後の費用が相場です。この内訳としては搬出を行う作業員(最低でも2名)の人件費と、ガソリン代を含む運送料など。もっと安価な業者も探せばありますが、あまりにも安い業者では、搬出時に家の中を傷つけてしまったりしないか心配ですし、実際にそういった実例もあるようです。

・処分費用の相場 3~5万円前後(人件費と運送料)

どちらにしても、ピアノそのものに値段がつくということがないのが不用品回収業者です。まあ、字の如く回収業者ですから仕方有りませんね。

ピアノ買取業者の方が少ない費用で処分可能なケースが多い

ではピアノ買取業者の場合はどうなのかといいますと、クレーンの使用などの特別な搬出方法が必要でない限りは、搬出に関する人件費も運送料も、無料で承っている業者がほとんどです。

これは、買い取ったピアノを再生して再販することで利益を得ているためで、この再販方法やルートは業者によって違いがあるため、買取価格も業者ごとにひらきがあるわけです。つまり買取価格0円のピアノであっても、搬出&運送料が無料の業者なら、0円で処分が可能となるわけです。

ただし、買取価格0円以下の場合、例えば処分費用として3万円必要となってしまうといったケースも、ピアノの状態などによっては、残念ながらあり得ます。 これは、再生したとしても、再販して利益を得られる見込みのないピアノということなのですが、前述のとおり業者によって再販方法とルートに違いがありますから、複数業者に査定してもらうことで、より高い買取価格をつけてくれる業者を選択すればよいのです。

搬出が困難な場合はピアノを解体してから搬出

不用品回収業者でも、ピアノ買取業者でも、どちらの場合でも重要なポイントとなってくるのは、ピアノ搬出の難易度です。

搬出可能な家の出入り口の間近まで車が入れて、出入り口の幅も高さも充分にあり、家の中もピアノを移動するのに充分なスペースがあるなど、搬出が容易な場合ならまったく問題ありません。特にピアノ買取業者であれば、ピアノ本体の買取価格が手元に入ってくることになります。

しかし、家の中が狭い。車が家から30メートル以上離れた地点までしか入れない。 階段がある。などの場合にはクレーンの使用が必要となったり、場合によっては解体してからでないと搬出が不可能というケースもあります。

基本的には、購入時に搬入を行っているわけですから、搬入時と同じ方法で搬出という形になります。ただ搬入時とは家の中、もしくが家の外の状況が変わってしまって、搬入時と同じ方法での搬出が困難になってしまう場合も考えられます。

具体的には、購入後にリフォームを行って、家の中の間取りや、スペースが変化した。とか、購入時2階の部屋に搬入する際、近隣に家が建っていなかったため、クレーンを使用して搬入したが、現在は家が建ってしまってクレーンが使用できない。などでしょう。

ピアノを解体して回収・処分または買取する場合の解体費用の相場

ピアノを解体する場合、ピアノ買取業者と不用品回収業者の場合では、どの程度の費用がかかるかといいますと、おおよその相場としては以下のようになります。

ピアノ解体費用の相場

・ピアノ買取業者  3万円~5万円前後

・不用品回収業者  5万円~7万円前後

不用品回収業者の場合には、これに加えて人件費と運送費が必要となりますから、解体して処分する場合なら、8万円~12万円前後となり、ピアノ買取業者ではピアノ買取価格が0円の場合でも、3万円~5万円前後の実費で解体して買取が可能となるわけです。

ピアノ買取業者では、買取後に再生作業を行う際には、どちらにしても解体作業を行います。ただこれは専用のスペースで解体を行うため、比較的容易に解体することが可能です。

一方、搬出前に解体を行う場合、そもそも搬出スペースが乏しい家である上、専用の器具なども使用できず、もちろん家に傷をつけないための配慮も必要となってきますから、解体に慣れているプロでもかなり気をつかっての作業となってきます。そういった意味でも3万円~5万円という解体費用は、安いとはいえませんが決して高くはないといえるでしょう。

ピアノ処分なら回収業者よりも買取業者が有利

このように不用品回収業者とピアノ買取業者を比べてみると、総合的に見てピアノ買取業者のほうが、より少ない費用での買取(処分)ができる可能性が高いといえます。

さらに、ピアノ買取査定を複数の業者に依頼し買取査定価格の比較を行い、よりお得に買い取ってもらえる業者を簡単にみつけることが可能です。
古いピアノ
で値段がつかなそう、搬出が困難な場合などでも、ピアノの処分を検討する前に、ズバットピアノ買取比較を利用し買取相場を調べてみるなど、まずはピアノ買取業者での買取を検討してみることをおすすめします。

COPYRIGHT© 2016 ピアノ買取マエストロ - ピアノ処分するならまずは買取査定 ALL RIGHTS RESERVED.